日本の国際競争力向上のために、情報通信システム分野で、貢献します。

企業理念

当社は、以下の3点を社会に提供する事を通じて、日本のみならず、アジア地域の発展に寄与する。

企業理念


「失われた十何年」と言われて久しい日本が、戦後70年をかけて先人が築いてきた地位を、経済・技術のみならず、多くの分野で失いつつあります。
その大きな要因の一つに、日本国内だけを見て、日本から海外を俯瞰したり、もしくは、海外から日本を客観したりする視点が欠けている事にあると考えます。


そうした中で、情報通信システム分野において最もお客様に近い「インテグレーション」「インストレーション」「メンテナンス」という役割にいる、私たち企業に何ができるかと考えた時、大きく2つの方法があると考えます。


一つは、日本の文化に根ざしたこの国の強みである、"お客様に寄り添うサービス"を、この分野で活用し、それを、アジア地域に広めていく事であると考えます。


そしてもう一つは、国内で従来一般的に普及されているものだけではなく、海外でも展開されはじめているテクノロジーやブランドについても積極的に提案に取り入れ、ご提案システム自体を国際競争力があるものにしていく必要があると考えます。


思えば、私たちの先輩たちは、お客様からの「お困りのお問合せ」に対し、実に真摯に取り組まれ、また国内外の新しい技術や製品を謙虚にそして積極的に取り入れ、その積み重ねの中で、日本のみならず、世界に対し、日本ブランドの信頼を勝ち得てきたのかもしれません。


私たちのシステムプロポーザルポリシーを、アジアにおける情報通信システム分野におけるスタンダードにする。

CTDネットワークスは、挑戦をし続けます。